自分がした仕事の対価である給料は少なくないかと愚痴を漏らす人が多いようです

自分がした仕事の対価である給料は少なくないかと愚痴を漏らす人が多いようです。仕事に見合うだけの給与というとどれほどを希望しているのだろう。仕事の量や内容を数字に換算して賃金の額を計算することはないでしょうね。自分が任された仕事のみをしたらよいのではなく、企業のことを考えて、自分の地位や役回りをよく考えて動くことがリクエストされていることでしょう。そんなわけで額ばかりを意識しないで報酬を受け取ることに対する感謝の気持ちを表したいものです。

職務経歴書は、履歴書上には記入しきれない経歴の内容や実績を細かく記入した書類ですよね。採用する側としては大事な情報の出どころですし、求職者としては自分を知ってもらえる大切なものです。だから、自分の経歴をできうる限り詳細にわたりかつ的確に記入する必要がありますよね。会社が望む人は、すぐ使えるか、専門分野に精通するか実力を保持しているか、企業の活性化に役立つかだと思うので、持っている才能や技術を十分にアピールし、どれほど会社に貢献できるかを示すようにするといいです。
転職の決意 : キャリア・職場 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
最近は退職金制度の無くなった会社などが増えてきているようです。入社してしまってから退職金制度がないと知って心配になる方も多いでしょう。会社が不安定なのではと不安になることもあるかもしれません。でも会社が倒産する際のリスク等や会社が合併することなどで根底から制度が変わってしまう可能性を考えると、給与に上乗せの状態で支払われているならば、退職金制度が無いこともメリットといえるかもしれないでしょう。時代の動きなどを考えると、過度に退職金の制度に執着しないといったことも大切かもしれませんね。

Leave a Reply