シャッターの鍵を変えて防犯性を強化する

自宅のシャッターの鍵は長年使用していると当然経年劣化が起きてしまい、鍵本来の役割を担えなくなります。特に雨風にさらされやすい位置にあるとなおさらです。万が一泥棒に目をつけられ倉庫荒らし、車上荒らしや車自体を盗まれる事のないように、定期的に鍵部分に劣化や異常がないかどうか確認を行ってください。特に用心されたい方は二重ロックにするのもおススメです。
二重ロックにすることで泥棒にとってスムーズに作業出来る環境にならず万が一、一つ目の鍵を破られてしまっても二つ目がある事で泥棒に「時間がかかる」と思わせて諦める可能性を高める事が出来ます。また、昔からある「かんぬき」タイプの施錠も、昨今ではあまり防犯能力はありません。

鍵のトラブルをスピーディに解決。大阪エリア即対応。

もし、シャッターの鍵をかんぬき施錠のみで済ませている方は、新たに別の鍵を取り付けるか、防犯カメラを取り付ける、警報機を取り付ける等して、盗難防止効果を高めることをおススメします。特に高価な車や、市場で人気のある車、価値のあるものを置いてある倉庫等のシャッターでは、それなりに防犯に気を使っている方も多いかと思います。
しかし、そうであったとしても、やはり盗む側からしたら盗む価値のあるものを盗みたいと思うわけです。こういった事からも泥棒は事前に様々な準備、観察をおこなっているかもしれません。例えば、目当ての車を盗む為に深夜日々少しづつシャッターの鍵に特殊な薬品で劣化を進められていたと思うとゾッとします。

鍵のトラブルから広島を守りたい!

ですから、鍵の劣化がそう簡単に起こるわけないと侮っていると後悔してしまうことがあるのです。大切な自分の財産を失わない為にも、もしシャッターの鍵を確認して異常が見受けられたり、このままで大丈夫だろうかという不安を感じる人はすぐに専門の業者に相談して、鍵の修理や新たな鍵の取り付けをするとよいでしょう。多少、必要経費がかかってしまうかとは思いますが、盗難にあってからではそれ以上に大きな出費がかかってしまいます。

Leave a Reply