空き巣に対する防犯対策|鍵での防犯甘く見てませんか

空き巣に対する防犯のために行う鍵のシリンダーへの交換について

安心して生活できる環境が理想ですが、残念ながら私たちの身近には犯罪というものが存在しています。その犯罪に絡まれることも100パーセント無いとは言えないのが実際のところです。しかし、少しでも犯罪に出くわすことが無いように、準備が可能ならば事前にやっておきたいものです。まず、犯罪の中でも最も多い犯罪はと考えたときに思い当たるのが窃盗です。窃盗は30秒に1度は発生している悪質な犯罪行為です。

30秒に1度も発生している割合ならば、窃盗犯は身の周りにいると考えた方が妥当です。したがって、直ちに自宅の防犯設備を確認する必須があります。

空き巣が家に侵入するパターンは幾つかあり、その中でもピッキングで玄関を解錠して侵入するやり口は気をつけなければなりません。何故ならば、空き巣の被害に遭遇するケースで一番多い侵入パターンが、玄関の鍵をピッキングすることだからです。ピッキングを使っての侵入方法が一番多いということは、それだけ各家庭のエントランスにおける防犯対策が不十分だということなのです。

大切な財産を空き巣という犯罪者に簡単に盗まれることは大変腹立たしいことです。そこで重要になってくるのが、玄関の鍵を防犯タイプのシリンダーにチェンジすることです。

ピッキングとは、特殊な工具を幾つか挿入させて鍵を回すメカニズムとなっているのです。シリンダーを交換する目的は、いかに違法者に時間をかけさせながらピッキングをさせるかなのです。空き巣が一番嫌う事は時間がかかっての盗みをすることです。

空き巣の心理状態は、素早く解錠して素早く盗んで、素早くその場を去りたいということです。従ってピッキングに時間がかかるシリンダーに鍵を換えれば、防犯対策になるということです。

各会社で強力なシリンダーを揃えておりますが、絶対に耐ピッキング性能が10分以上のシリンダーを選ぶようにすることが大事です。10分ぐらいでは不安だという方はシリンダーを2個設置させれば2倍の時間がかかり、さすがの泥棒も諦めていきます。空き巣も最新のシリンダーに関してはデータ収集しているので、シリンダーを見た瞬間に防犯力となるのは、間違いないのです。

Leave a Reply