防犯に必要な鍵の工夫方法|鍵での防犯甘く見てませんか

防犯に必要な鍵の様々な工夫と心構えについて

大丈夫だと安心して、玄関の鍵をかけても空き巣の被害に遭う可能性はあります。空き巣は様々な手段を用いて鍵のかかっている玄関を開けて侵入しようと試みます。

空き巣が最もよく使う手口がピッキングです。ピッキングは、玄関の錠穴に特殊な道具を差し込んで開錠すると言う手口です。ピッキングに手慣れた泥棒ならセキュリティの低い鍵だと数十秒ほどで開錠出来てしまいます。しかもピッキングの方法がインターネット上で公開されていて、練習すれば誰でも出来てしまう怖い現状です。

そんなときは、ピッキング対策に有効なシリンダー錠に交換するのが防犯対策になります。空き巣はピッキングが長時間になるのを嫌がります。ピッキングに強いシリンダー錠が付いていると、時間をかければ開錠が出来ても空き巣はやめることが多いです。このタイプのシリンダー錠を2つセットすることで、さらにピッキングを面倒にすることも可能です。一つだけでは不安なときは2つ取り付けるのが望ましいです。

シリンダー錠の中にはピッキングにより開けることが無理なタイプもあります。

しかし、どんなにピッキングに強くてもサムターン回しの悪戯を使われると解錠は容易に行えます。サムターンは室内側に付いている施錠を解除するためのツマミのことです。特に二つの扉の間に隙間が出来やすい引き戸の場合では、サムターン回しの手口で侵入されやすいです。そんな際はサムターンを着脱できる鍵に交換すると言う防犯対策が行えます。

サムターンを外しておけばサムターン回しの手口は使えないです。

暗証番号で開錠可能なデジタルロックキーを取り付けておくと、ピッキングやサムターン回しの手段を講じることは出来ないのでさらに防犯性が向上します。両面暗証番号のボタンを押して解錠するタイプもあり、室外側と室内側とで別の暗証番号を設定することも出来ます。室外側が万一暗証番号で解錠されても室内側の暗証番号が守ってくれます。しかし、ドアの隙間に器具を差し込んでテコのパワーを用いて強引に開ける手口には通用しないです。

Leave a Reply