不動産会社へ就職|面接時の心得


面接時の心得

転職や就職において、面接が必要な理由は、書類だけではわからないことについて、直接会うことによって知ろうとすることにあります。従って、面接時には、人柄ややる気、そして会社に合う人なのかどうかということをポイントが置かれます。
そのため、面接時の心得の第一としては、第一声はお腹からしっかりと声を出して笑顔で挨拶をすることです。
面接時には緊張することもやむをえないことですが、だからと言って目線が定まっていなかったり、或いは声が小さかったりしては、やる気や熱意と言ったものが面接官に伝わりません。

従って、先ず第一声だけでもお腹から声を出せば、緊張もほぐれ、その後の質問にははっきりとした受け答えができるようになります。

面接時の心得の第二は、自分らしさを出すことです。ここで言う自分らしさとは、面接官の問う自己紹介や自分の長所や短所に対して、自分の言葉を用いて、背伸びをせずに的確に対応することを意味します。特に自分の言葉を用いて話すことは重要です。
面接官は多くの人と面接した経験を有しますから、マニュアルどおりの受け答えは聞き飽きています。自分の言葉と言うのは、自分だけしか語れない言葉で話すと言うことです。

そうすることで、自分の考えや思いをしっかりと伝えることができます。面接の心得の第三は、自分の短所や弱みについての伝え方です。自分の短所をそのままネガティブな要素として伝えてしまっては、面接官の印象もよくありません。
それよりも、自分の短所や弱みが、どんな場面ならば長所や強みに変えられるのかを事前に良く考えておく必要があります。短所や弱みと言ったものは、状況次第で長所や強みとして発揮することが出来るのです。

Leave a Reply