不動産会社へ就職|不動産業界の勤務事情

不動産業界の勤務事情

不動産業界はいお金持ちで裕福な生活をしているという印象があると思います。
しかし、超リッチな人もいればそうではなく破産寸前の人もいます。

多くの人が不動産業界に魅力を感じて、不動産業界の道を歩む人なんていう人もいます。
しかし、不動産業界は思った以上に厳しいのが現状です。

不動産会社は営業マンの募集が多いです。
営業マンは言葉を上手にそして相手の魅力のある物件だということを伝える人があります。
なので、こうした言葉の使い方を知っている営業マンの場合は高収入を得ることができますが、口下手な営業マンの場合はそういう夢の高収入は遠くなってしまいます。
それに、毎月変動のある給与形態になっています。

固定給20万円くらいのところが多く、実績を積み重ねないと一生この値段という恐怖があります。

家族を養っている世帯主の方だったら、少し厳しいかもしれません。

しかし、営業で実績を重ねることによって一発逆転をすることができる業種なので、あきらめずに頑張る事も大切です。

不動産会社には35歳くらいまでであれば、大手の有名な不動産会社に入ることができます。
自分にあっているかあっていないかということを早めに判断しないと、あとあとの転職に響いてきます。
なので、35歳を過ぎてから不動産会社に転職をしようと考えているのであれば、本当に自分は大丈夫なのかということをきちんと考えて、人生設計を立ててからのほうがいいと思います。
家族がいる方であれば真剣に考えるべきだと思います。

Leave a Reply