チャペルウェディングについて

挙式をどんなスタイルで行うかという事は、ご結婚を控えた方にとっては大切なポイントになります。ふたりが夫婦になる事を誓う儀式となりますので、自分たちに似合うスタイルを選択したいものですよね。

主に、キリスト教式で行うチャペル挙式、日本の神様に祈りを込める神前式、宗教色を取り入れずに祝福してくれる人たちの前で誓いを立てる人前式など、選択肢も非常に様々です。
そしてここではチャペルウェディングについてご説明をしたいと思います。チャペルウェディングと聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか。ウェディングドレスに身を包み、ゆっくりと一歩一歩、ヴァージンロードを進む花嫁や、牧師さんの問いに答えて愛を誓い、輝く結婚指輪を互いの指に着け合う新郎新婦。想像をするだけでもロマンチックな気持ちになりますよね。

また、家族や親族、友人の皆さんがフラワーシャワーやライスシャワーなどでお祝いをしてくれる、心温まる様子なども想像が出来ます。
ところで、チャペルウェディングの「チャペル」とは何でしょうか?教会式とチャペルウェディングを同じように考えてしまいがちですが、「教会」と「チャペル」は別の存在となります。教会での結婚式は信者や、事前に教えに共感をした人に限って行えるのが一般的です。
これに対してチャペルは、私的な目的で、例えば学校や病院、個人の家などに作られた礼拝堂の事を指します。日本では、結婚式のためのブライダルチャペルが結婚式場やホテルに設けられている事が多いため、キリスト教の信者でなくても、挙式をする事が出来ます。

Leave a Reply