売上アップを目指すための広告印刷

両面印刷でチラシを最大限利用

チラシを作成する時には、紙の両面とも活用してさらに効果的な集客を目指す方法があります。

表には、主となる商品や目立つ様なネーミングを紙面を贅沢に使って記載して、反対側には、お店の地図や、お客様の感想、店長の自己紹介等、手に取った人が知りたくなるような内容を詳しく載せると魅力のある、効果的なチラシができるようです。両面のチラシも、専門の業者に注文すれば、簡単に、すぐに作成する事ができます。

両面をカラー印刷にしたり、経費削減で片面だけ白黒にしたり、他にも、3つ折パンフレットのように両面印刷の良いところを最大限に利用し、項目ごとに違う情報を掲載するのも売り上げ促進に効果のある印刷物の作り方だと思います。

販売促進に欠かせないダイレクトメールの発送は、大変な人件費と時間を使います。プリントに間違いが無ければ、ほかは、会社のスタッフでなくてもできるシンプルな作業ですので、配送を請け負ってくれる代行業者を利用する事で、効率の良い作業ができます。

業者に発送業務をオーダーする事で、そのダイレクトメールに合った配送会社を選んで配送したり、専門業者ならではのサービス料金がある事もあるので、自分たちで必死になって作業するよりも、結果的にコスト削減になる事も多いようです。人にお願いするよりも自分でやった方が費用がかからないと思うかもしれませんが、ホームページで見積もりを出して、自力でやった場合の業務時間等と比較して、業者に依頼する事も考えると良いでしょう。

質とコストにこだわるなら業務用で

キャンペーン用の印刷物を依頼する時に、なにより気になるのはきっと費用ではないでしょうか?印刷物を刷った分の費用に見合う売り上げのアップが期待できる事が、印刷物を作成する目的になります。業務用のプリントを請け負ってくれる会社に印刷を発注すれば、印刷物のレベルや紙の質が良いだけでなく、大ロットでのオーダーも可能で、一枚あたりの価格が安価なところも結構あります。お店に依頼すると、経費がかかるような観念があるかも知れませんが、自宅でプリンタを使ってシンプルな印刷物を作るよりは、遥かに安価で、時間もかからず、加えて出来上がりの印刷物の質も本当に高い物ができますので、印刷専門店にオーダーして、クオリティの高い印刷物で販売促進を狙いましょう。

現実に、チラシやポスターなど、企業で使う印刷物を依頼してから納品されるまでの間はどれくらいかかるのでしょうか?フライヤーやポスター、ハガキ等の印刷の納期は、セールやイベントに間に合わなくては意味が無いので、何よりも重要です。印刷を依頼する時は、まずはお店の人に話しておくようにしましょう。印刷する枚数によっても納期は変わりますが、すごい量でない限り、そこまで大きく変化しない事が多いです。

それよりも、デザインの相談や、希望する質の紙の在庫の確保などに時間がかかることが割とありますので、決定すべき事を早めに決めておく事が必要な期間までに印刷物を準備する大事なポイントです。店の人と相談しながら、きちんと計画を立てましょう。

印刷の定番、ポスターで差をつける!

イベントや新装オープンの時は、ハガキやダイレクトメール以外にも、店先にポスターを貼って、店自体の場所をわかるように宣伝してみると良いでしょう。そのような時は、ポスター専門の印刷会社に依頼をしてポスターを作りましょう。ほとんどの印刷業者が一枚からポスターの制作を承っているようなので、チェーン店ではない、間口の小さな店舗でも気負いなくポスターの制作を依頼する事ができます。

とりわけ、ラーメン屋の、季節限定メニューや新しいメニューは、巨大な画像を店先に掲げる事で、食欲を刺激し、購買意欲をかき立てます。ポスターによる売り上げ促進効果は結構大きいものですので、品物に合ったレイアウトや紙質のポスターを発注してみると良いですよ。

作りたい物のデザインが正式に決まったら、ホームページ上の見積もりフォームを利用して、どのくらいの料金でプリントができるかの見積もりを出してみましょう。

見積もりを出す時は、枚数や紙の大きさ、紙質を選択するのはもちろんですが、印刷時に使う色の数も影響する事が多いので、デザインを詳細に決めておく事が重要です。納期の指定をする事ができる業者の場合は、納期を早める事で追加料金がかかることもありますので、見積もりを出す際に納期の入力も忘れないようにしましょう。それから、依頼する店がまだ決まっていない場合は、一括で、様々な業者の見積もりを出せるサイトを使って、最安値の業者を選ぶと良いかもしれません。

Leave a Reply