メガネとコンタクトレンズどちらを選びますか

メガネとコンタクトレンズにはそれぞれ良い点と問題点がありますから、自分の目の状態に合わせて選ぶ事が大切です。メガネはここ最近お洒落で素敵なデザインが多く、お安く購入できるようになったので、身だしなみの一部として楽しんでかけている方も多いでしょう。眼球を傷つけることが無く、ドライアイ対策、長時間の使用、埃っぽい場所へ行く時などには最適です。しかし少々重たいのが難点で、サイズが合わないものを長時間使用していると、耳の上やこめかみに締め付けるような痛みが出る事があります。すぐに販売店へ行ってサイズを調整してもらったり、軽いレンズやフレームに変える等の対策が必要です。メガネを購入する際は自分の度合いに合ったものを選ぶのはもちろんですが、重さやフレームなども気にして選択することをおすすめします。メガネが壊れたり、度が合わないと感じるまでは使い続けるでしょうから長く使い続けられるようなものを選びましょう。

メガネとコンタクトレンズの違い
イメージ 一方コンタクトレンズは、煩わしいフレームが無く視界が開けますし、スポーツ時にも最適です。カラコンや瞳が大きく見えるタイプのものもあり、お洒落感覚でも使えます。しかし使い方を間違えると、眼球を傷つけたり、不愉快な思いをする事も多々あります。
長持ちして酸素透過性に優れたハードタイプは角膜への負荷が低く、強度近視や乱視の矯正が容易です。慣れるまではゴロゴロとして着け心地が悪いと感じたり、痛む事もありますが愛用者も多いです。
着け心地が快適で落としにくいソフトタイプは、角膜より大きい為角膜全体がレンズで覆われてしまうので角膜への負担が大きく、目の渇きとなります。また手入れが面倒で使い捨てを利用すると、コストが高くつきます。どちらにせよ、医師と相談しながら目とお付き合いしていくのが重要でしょう。