家の鍵を紛失してしまった!どうすれば?

「鍵を紛失してしまった」という事態は、出来れば出会いたくない事態と言えますが、そのような場合に直面しても焦らないように、その際の対処方法や事前の対策をとっておくことが望まれます。この鍵を紛失した際の対策は一人暮らしで賃貸住宅に住んでいる場合と、家族と実家で暮らしている場合とでは異なりますのでそれぞれの対策をご説明致します。

鍵をなくしてしまった!岐阜のお助け鍵屋に連絡を

まず一人暮らしの環境で鍵をなくした場合、最初に連絡すべきは、賃貸している住居を管理している不動産管理会社です。どういう事かと言うと「自分の鍵」をなくしたのではなく、「借りている鍵」をなくしたという状況だからです。

この場合、管理会社には合い鍵が存在しますので、落ち着いて管理会社の指示に従いましょう。この場合、仮にスペアキーは住居に置いていたので無事であれ、紛失した鍵が取得されることで泥棒等に入られる危険性が生じますので、鍵とドアノブ部分の交換と言うことになることが多く、その負担は鍵をなくした自分が責任をとらなければなりません。
鍵なら富山のこちらへ

つまり一人暮らしの場合は、なにはともあれ鍵自体を紛失しないように持ち歩くときに注力することが大切です。鍵にチェーンを付け反対側を自分の衣服やバッグにかけておく方法はオーソドックスな方法ですが、効果は限定的になります。
それ以上に有効で簡単な気をつけ方は自分の財布の小銭入れの中に小銭と共に入れておくという方法が、より安全なしまい方だと言えます。
もし車やバイクなどをお持ちでしたら、すべての鍵をまとめておくと良いですね。キーケースでもいいですし、同じストラップにつけておくなんかでも良いです。あくまでもポストに鍵を入れっぱなしにしているなど無用心な言動は絶対に辞めましょう。また、しょっちゅう家に遊びにくる友達などに合鍵を渡すなんてこともしないでください。万が一の被害の際に候補として挙げられてしまう第三者のほとんどは、身の回りの人ですから気をつけましょう。
鍵の紛失で困った経験ありますよね?!
続いて、家族と実家で同居しているケースでの鍵の置忘れについてです。この状況では、自分が鍵を紛失しても家族の誰かがいてくれれば、家に入ることは出来ます。このように、家に入る点では特に問題はないでしょうが、鍵が消えたという状況により、その鍵を取得した第三者に家へ侵入されるという危険が生じるという問題は残ります。
従って、オススメなのいっそのこと玄関を暗証番号入力方式の電子ドアロックへと変更することです。そうすれば、あなただけでなく家族の誰かが鍵を紛失してしまうといったトラブルに、悩まされなくて済むようになるからです。実家に家族とお住まいの方はぜひ検討してみて下さい。